原状回復業者が提供する代表的なサービス

原状回復業者が提供する代表的なサービス

不動産物件で賃貸の場合では、不動産管理会社や物件のオーナーによる原状回復を行うことが求められます。空室になる前に借りていた方は過失が無く自然劣化の場合では原状回復に費やす料金を徴収することはできないものなので、空室になった時点で次の借主を集めるには原状回復業者を利用する方法で簡単に済ませることができます。この回復業者の代表的なサービスは、クロスの張替えや天井の張替え、床材の修繕や張替えなどが該当しますが、他にもハウスクリーニングのような作業も依頼することができ、特に水回りの設備に対しては非常に役立つサービスです。管理会社もオーナーもできるだけ費用を最小限にすることを希望することが多い中、原状回復業者の場合では費やすことができる費用の範囲内で行える作業法をいくつも持つことが特徴になります。例えばPタイルが劣化しているオフィスの場合、タイルの上にタイルカーペットを敷くなど、低料金で済ませられる方法はあるので、現地調査を依頼してプランと見積書を提示してもらう方法で失敗しない原状回復を行えます。

原状回復業者はハウスクリーニングも対応する

原状回復業者とは、賃貸借契約終了時の借主の原状回復義務を履行することをなりわいとする事業者のことです。 原状回復義務の内容は新たな借主を迎えるための下準備をすることですが、基本的に当初の契約当時の状態に戻すことになります。具体的にはクロスの張替などの消耗品交換や、各種設備や器具の破損個所の修理のほか、ハウスクリーニングなども含まれます。貸主との間ではこれらの原状回復業者の施工の費用負担をめぐって争いになることがしばしばあります。原状回復義務を負っているといっても、賃借人再度がすべてを負担するわけではありません。原則として通常損耗や経年劣化などは契約に特約などがないかぎり、貸主が支払うものと考えられています。つまり用法違反や過失による歯素因など、賃借人に責任があるような事由に対しては支払い義務を負うわけです。しかし終了時は契約当初の内容や特約の有無などについて、あいまいになっていることも多いので事前に確認することは必須です。

原状回復業者に関する情報サイト
退去時に原状回復業者を活用するポイント

このサイトでは賃貸借物件が終了しそうな時期にかかっているオーナー様や管理会社担当者などを読者層に想定して、原状回復業者の利用を検討している場合に役に立つ基礎知識や注意するべきポイントなどを、コンテンツを通じて御紹介しています。原状回復では交換する内装の取り除いたり、ハウスクリーニングをしたりして新たな借主を迎えることができる下準備の施工が中心になります。年度末など引っ越し時期と重なることも多いので、スケジュール管理を意識するのも大事です。

Search