原状回復業者への依頼が多くなる時期は?

原状回復業者への依頼が多くなる時期は?

原状回復業者にも繁忙期があり、もっとも忙しくなるのは2月頃だと言われています。2月から3月にかけては引っ越しをする人も多いので、その影響で依頼数が増える時期です。忙しくなってくると希望するタイミングで作業をしてもらえない可能性が高くなりますので、できれば原状回復業者の繁忙期が来る前に依頼することが大切です。タイミングを誤ると、実際の作業が行われるまでが長くなって、その間に物件の問い合わせがきても対応できません。作業をする前の段階で見せることも可能ですが、まだ綺麗になっていない部屋を見せても入居したいと感じることはあまりありませんので、早めに原状回復工事をすることが大切です。退去希望日が分かったら、その時点で早めに業者に依頼をしておくのも良い方法です。実際に出るのを待ってから動くよりもはるかに効率的であり、入居者が早く決まればかかったコストも早く回収できます。行われる内容は、ハウスクリーニングとクロスの張替えが主です。

原状回復業者に依頼をするときは使用年度をしっかり伝えましょう

賃貸物件を退居するときには、原状回復をして物件を引き渡すことが一般的です。住んでいると普通に汚れがキズなどがクロスや床材などに出てしまいますが、通常の生活で出来たものは経年劣化として認められています。故意に汚したものでなければ、経年劣化ですから原状回復をする項目には当てはまらないものの、貸し主側から補修費を請求されることがあります。敷金から差し引かれていることもあるので、退居するときにトラブルになりやすいと言えます。そんな時は、原状回復業者に依頼をすることになりますが、その前に契約書を確認しましょう。原状回復をしなければならない項目に該当しないキズであれば、借り主が補修をする必要もありませんし、費用も支払わなくて良いからです。ただそれらに当てはまらないことが有る場合は、原状回復業者に依頼をして、使用年度などをしっかり伝えましょう。年度によって資材なども異なってきますから、補修作業がスムーズになります。

原状回復業者に関する情報サイト
退去時に原状回復業者を活用するポイント

このサイトでは賃貸借物件が終了しそうな時期にかかっているオーナー様や管理会社担当者などを読者層に想定して、原状回復業者の利用を検討している場合に役に立つ基礎知識や注意するべきポイントなどを、コンテンツを通じて御紹介しています。原状回復では交換する内装の取り除いたり、ハウスクリーニングをしたりして新たな借主を迎えることができる下準備の施工が中心になります。年度末など引っ越し時期と重なることも多いので、スケジュール管理を意識するのも大事です。

Search